日々の暮らしの中で
愛着をもって使っていただける器づくりを 心がけ、手がけております。

末永くお手元で可愛がって頂けば幸いでございます。
                         貞土 松尾貞一郎