トップ > 古伊万里 > 木甲山水蛸唐草猪口

木甲山水蛸唐草猪口

木甲山水蛸唐草猪口

15120yen(税込)

江戸時代後期〜明治初期の古伊万里

木甲とは 書院に作られた小窓の事です。 
その小窓を開けて見える景色を描いたものを 木甲文(もっこうもん) と言います。

木甲の中に山水が色絵で描かれています。
周囲を蛸唐草で描きつめてあり 作りは輪花型になっています。
見込みには 松竹梅が描かれていて 金彩も未使用と思える様な綺麗な状態です。

※蛸唐草は 繋がっている文様から 永遠を意味する吉祥文です。

 

どれも状態が非常に良好です。

どれも状態が非常に良好です。

木甲山水蛸唐草猪口
木甲山水蛸唐草猪口
木甲山水蛸唐草猪口
汲み出しとしても素敵です。( 白磁は石井康行さん作 )

汲み出しとしても素敵です。( 白磁は石井康行さん作 )


.........................................................

5客ご購入の場合は お値段のご相談に応じますのでメールをお送り下さい。
 

商品名 サイズ 材質 価格(税込) 購入数
木甲山水蛸唐草猪口 φ9cm×6.7cm 磁器 15,120円