熊谷雅博

熊谷雅博


上野焼の窯元に生まれて以来ずっと緑青を流し掛けした
上野焼の技法が
頭からはなれませんでした。
有田の窯業学校に学びのちは前衛作家の松尾次郎師に学びましたが
故郷の親元へ帰るとまた気持ちは上野焼へ戻りました。
それが親元を離れひとりで窯を構えましたら自分でも不思議なほど自由な
気持ちになって色々な技法に挑戦出来るようになりました。
日々新又日新。
いつも新しい気持ちで明日へ向かって行きたいと思います。