トップ > 古伊万里 > 金欄手吉祥文なます皿

金欄手吉祥文なます皿

金欄手吉祥文なます皿

SOLD OUT

金欄手吉祥文なます皿
金欄手吉祥文なます皿


上からみても横からみても綺麗な形です。輪花の形状も絵付けによく合っています。
胴の部分には 永遠を意味する唐草文様が描かれています。


 

金欄手吉祥文なます皿


細い金彩も当時のままと思える程 削れもなく どれもとても状態が良好です。
 

金欄手吉祥文なます皿


窓の中には美しい鶴が。松竹梅も美しく描かれ 吉兆文が溢れた縁起のよい器です。
なます皿は 文字どおり なます等の副彩を盛るのに良いお皿ですが 
適度な深さがありますので 汁もの、サラダ、シチュー等 多種多様にお使いできます。
お鍋の時のとり皿としても最適です。
食卓が贅沢なものになりますので お正月やおもてなしのお皿としていいですね。

 

見込みにも松竹梅が描かれています。線は金彩です。

見込みにも松竹梅が描かれています。線は金彩です。


 

金欄手吉祥文なます皿
金欄手吉祥文なます皿


高台は蛇の目高台で 江戸後期制作の特徴的な様式です。
テープルなどを傷付けない様に 
テープルとの接着する部分まで釉薬がかかっています。


釉薬がかかっていない蛇の目部分には 磁土がみてとれます。
(色が違うのは焼成した鉄分ですので汚れではありません。)


 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
※5枚お求めの場合はお値段のご相談に応じますので メールをお送り下さい。

 

商品名 サイズ 材質 価格(税込) 購入数
金欄手吉祥文なます皿 15.1cm 高さ4.7cm 磁器 12,960円 SOLD OUT