トップ > 古伊万里 > 色絵水鳥文変わり皿

色絵水鳥文変わり皿

色絵水鳥文変わり皿

9720yen(税込)


江戸時代後期〜明治初期の古伊万里。

珍しい変わり皿です。
見込みには 縁どりで松竹梅を表し、周囲を地紋で描き詰めています。


 

縁どりが松竹梅になっています。

縁どりが松竹梅になっています。

非常に手の込んだ地紋です。

非常に手の込んだ地紋です。

右上がワラビ手です。

右上がワラビ手です。

線一本とっても見事です。

線一本とっても見事です。


色絵は高温に強い色から焼成していきます。( 色遣いの多いものは何度も焼成が加わります。)
金彩は一番低い温度で焼成しますので最後の焼成となります。

このワラビ手は 金彩部分を余白として残して 先に赤色を塗り焼成しています。
そして 最後 余白部分に金彩を描き込み焼成。
細かな仕事ですのに筆の狂いがありません。これ一つをとっても スキルの高さがうかがえます。



 

色絵水鳥文変わり皿
色絵水鳥文変わり皿


 

状態がどれもとても良好です。

状態がどれもとても良好です。


......................................................

 

商品名 サイズ 材質 価格(税込) 購入数
色絵水鳥文変わり皿 17.2cm×12.7cm H3.5cm 磁器 9,720円