神奈川県出身。大学で建築を学び住宅設計・インテリアデザインを仕事とするが、卒業後に
始めた陶芸に魅了され 2006年 Tellur工房(テルルコウボウ)を設立し陶作家としてスタート。
使いやすい軽さや形、重なりの良さ等を大切にしつつ、 料理を盛りたくなる器、普段つい
使ってしまうような「いつもの器」を作りたいと思っています。

「考えること」「作ること」「使うこと」
すべてに関わることができる毎日はとても充実しています。 器が私の手を離れ、たくさんの方
の日常で使われることを願っています。